人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

その他(適当に考えたこと)


お金持ちと聞いてイメージする3つのポイント

投稿日:


お金持ちという言葉を聞いてどんなことが頭に浮かびますか?
大きな家に住んでいる?いい車に乗っている?年収が1000万を超えている?
なんか悪いことをしている?w

というのも、先ほど街を歩いていて、事務所にポルシェがとまっていて、あー、人はポルシェに乗っているとお金持ちに感じるよなーと思ったのがきっかけでした。

そこから人はどんな時に、お金持ちということを感じるのかなーと考えていました。
それでさっきの質問です。

お金持ちという言葉を聞いてどんなことが頭に浮かびますか?

ちょっとだけ考えて、僕がお金持ちをイメージしたときに3つのポイントというか種類に分かれるなーと思いました。

1つめは、収入です。年収700万だとか、1000万だとかそういうやつです。人によってこれぐらいもらっていたらお金持ちだよねーという基準は違うと思いますが、一般的には年収1000万ぐらいがひとつの基準なのかなと思います。

ちゃんと調べてないのですが、確か年収1000万の人って5%ぐらいだったように記憶しています。

年収1000万ってことは月収は額面で80万ぐらい(本当はボーナスあったりするから違うけど)だと思うので手取りで60万ぐらいかなと思います。

問題は収入は多いけど、支出も多いと手元にお金が残るわけじゃないということですよね。

2つめは貯金額です。もう少し広げて考えると不動産とも含めて資産額かな。
貯金いくらありますか?ってことですね。確か、お金持ちの基準の1つに金融資産(貯金とか、株とか、不動産とか)が1億円以上というのがあったように記憶しています。

確か(今日は調べるのが面倒で曖昧な記憶のまま書いてます)1つめの年収1000万の人よりも金融資産1億円以上の人の方が多かったように記憶しています。(10%以上じゃなかったっけ?)

つまり、収入はそんなに高くないけど、1億円以上の資産を持っている人は2倍以上いるということです。これは不動産とかもっているとそうなりやすいんだろうね。

ちなみに、収入が高くても支出が多い人で、貯金額は少ないってことは良くあるよね。

貯金額は喜んで人に見せる人は少ないけど、高級車や高級時計、大きな家といった形で資産が目に見える場合、お金持ちと感じやすいのかなーと思います。(ポルシェを見て僕が思ったように)

3つめは不労所得です。これは1つめの収入と混ぜちゃってもいいのかもしれないけど、僕がお金持ちと感じるのはこの3つめの不労所得がどれぐらいあるか?というのを見ちゃうかなーと思ったので分けてみます。

不労所得はその名の通り、自分自身が働かなくても入ってくる収入のことで、
金持ち父さん貧乏父さんによれば、不労所得が支出を上回って初めてお金持ちとされています。

これに関してはなかなか判断が難しいし、色々と話さないとわからないけど、このフェーズに行ってる人は凄いよなーと思います。

だからどうだってことじゃないんだけど、ポルシェを見てそんなことを思いました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-その他(適当に考えたこと)