curry-real

 

 

ここ3日ぐらい声がまともにでません。

風邪はとうに治ったと思うのですが、商売道具でもある声がでないです。

幸い、夏休みなこともあって仕事的には影響がないのがラッキーです。

 

そんな感じなので先ほどコンビニでカレーライスを買った時に

「温めますか?」にも首を振って反応するしかありませんでした。

(つけ麺選べばよかったと思いました・・・)

 

僕の買ったカレーライスは上の画像のようにご飯がお皿の片側に、

カレールーがもう半分に盛られています。多くの場合はそうでしょう。

それを見て、実家のカレーライスを思い出しました。

 

実家のカレーライスは下にご飯、上にカレールーなのです。

カレールーが完全にご飯にかかっている状態ででてきます。

実家の「品」についてはお察しください。

 

僕はこの方が効率的なんじゃないかな?と思っていました。

カレーライスってやつはご飯とカレールーを一緒に完食するその

カレールーの使い道が難しい。

カレールーがあまるのはまだしも。ご飯が余った時の

やっちまった感はあります。

 

また、想定していたよりもご飯がカレールーを吸収し

バランスが崩れることもあります。

 

そういう意味では予め全体にカレールーがかかっている

実家の方式は効率的なんじゃないかな?と思ったわけです。

 

しかし、同時に、そうしたくない人のことを考えると

上からかける派はセパレートされたカレールーを自分で

上からかければ良いのだから、

 

製品としてはどちらにも対応可能なようにセパレートしておくべき

だという結論に至りました。

そのほうが汎用的だな、と。

 

そんなことを考えながら、テレビデオはやっぱりイケてなかったな

と前職の上司が仰っていた開発論を思い出しました。

 

製品はモジュールに分けて開発し、いつでも組み合わせたり

外したりできるようにしておくべきだ。

でないと一部が壊れた時に全体に影響を与えてしまう。

 

まぁ、同時に全てがばらけているとつなぐ事自体がめんどうなわけですが。。。

 

そんなことを考えている間に完食したカレーライスは、

カレーライスではなく、カツカレーだったことをお詫びしなければなりません。

 

また、セパレート派、全体に掛ける派を超越したぐちゃぐちゃに混ぜる派

の方を全く考慮してなかったなと、今気づきました。

 

そんなことを思いながら声が出ない夏休みにカツカレーを

食べていました。

 

関連記事

前の記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ