ビジモ

 

ついに最後です。

 

10.イベントの主催

起業家は大なり小なり結構イベント開いてる

 

について書いていきます。

ちなみに、写真は友人がやっている朝食会のビジモに

参加した時の写真です。

 

ここでいうイベントというのは

飲み会でも、セミナーでも、朝食会でもいいのですが、

自分が主催している集まり、ということです。

 

個人的にはイベントの運営にはビジネスのノウハウが

詰まっていると思います。

 

例えば、飲み会の企画にしても、ふつーの飲み会では人が集まらない。

社長だけを集めた飲み会とか、ハロウィンのような仮装パーティーとか

何かしらのコンセプトや限定されたターゲティングが必要になると思います。

 

これは事業をやる上でも大変重要です

 

また、イベントの集客はマーケティングや営業に似ています。

ただ、「来て!」と言うだけではなかなか来てもらえない。

相手が来たくなるメリットが無いと、20人を越えるイベントの

実施は厳しいです。

 

当然、商品を買ってもらうのに「買って!」では

ダメなのはわかりますよね。

 

また、イベント運営の段取りも重要です。

段取りをもう少しかっこよく書けば 逆算思考 ということもできます。

逆算思考は起業家に関わらず、優秀なビジネスパーソンには

必須スキルですね。

 

値付けも重要です。僕が起業して一番迷ったのは

プライシングです。つまり、その商品いくらで売りますか?

ということ。高くても売れないし、かと言って、無料だと成り立たない。

世間一般の価格帯はこうだけど、起業したばっかりで実績も無いし・・・

など悩みました。

 

かと言ってイベントの運営は本業のビジネスではないので

利益を求めすぎると友人からの視線が厳しくなることもあるでしょう。

※それだけの対価があれば問題ないと思いますが。

 

ちなみに僕は、自分が大好きなたこ焼きをみんなで作って食べながら

会話をするたこ焼きパーティー(たこぱ)を数ヶ月に1回やっています。

また、ワインの専門商社に務める友人にお願いして、僕のシェアハウスで

ワイン会を開催しています。あと、フットサルも。

 

いずれも5〜10名、利益0なのですが、普段、仕事の話しかできてないけど

じっくり話してみたい人、ビジネス上のコラボをしてみたい人、

最近会えてない人を呼んでいます。

感覚的ですが、「面白い」と思える人を誘っています。

ただし、ワイン会は1人1本以上空けられる人限定ですw

 

ちょっと脱線しましたが、周りの起業家も何かしらの

イベントを開催している人が多いです。

 

なんとか10個書くことができました。

近々、スライドシェアにまとめておきたいと思います。

 

関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ