交流会

 

今回は

 

9.交流会への参加

人脈とも言える

 

について書いて行きたいと思います。

 

人脈という言葉を嫌いな方も多いと思います。

なんか、人を利用するようで。ビジネスパートナーとしてしか見ていないようで。

僕もそうなのですが、他に適切な言葉を思いつかないので

人脈という言葉を使います。

 

起業して最初の半年ぐらいは既存の知り合いからもらう

お仕事が多いと思います。弊社もそうでした。

 

そしてその既存の知り合いとは

 

・今の会社のお客様

・友人

・交流会などで出会った人

 

に分類されると思います。

 

今の会社のお客様を引き継げる場合はそうした方が良いと思います。

顧客獲得コストゼロですから。

 

友人が「顧客になる」場合もあると思いますが、

「顧客にする」という考え方になると友人はきっと離れていくでしょう。

 

ちなみに弊社は前職と全く関係ない事業を起こしたため、

1つ目はできませんでした。2つ目は偶然にニーズがマッチして

お客様になっていただいた方が結構います。

 

そして、この2つは起業しておよそ半年後にアプローチしつくします。

従って、テレアポなどで顧客開拓をしていくのが世の常だと思いますが

私みたいにテレアポが嫌いな人にとっては交流会などでの人脈が

重要になります。

 

といっても私はガツガツ名刺交換というのも嫌いですので

ガツガツした人を避けて、同じような雰囲気を持っている方と

話して、何かありそうだったら繋がるというスタンスです。

 

2,3回の交流会で1人そういう人が見つかったら良い方かな

と思ってます。もっとガツガツしてれば違うんでしょうが。。。

 

僕が好きな言葉に

 

「運」という字は「はこぶ」という字だ。

誰が運んでくれるのか?というと、「人」しかいない。

 

みたいな言葉があります。

運は人が運んでくれるのです。

 

人とのつながりが現代のセーフティーネットだな、と。

 

 

関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ