会社における新しい目標設定の案


えてして企業は「目標設定」というと
売上20%増(昨年対比)の目標を立てたがる気がする。

少し視点を変えて、勤務時間の20%減という目標を
立ててみてはどうだろう?

現在が週40時間なら(そんなことないだろうけど)
翌年は週32時間になる。

これはつまり、週休3日になるということだ。

さらに翌年は25.6時間なり(32*0.8)
1日6時間で週4日勤務+アルファとなる。

さらに、翌年は20.48時間で
1日6時間で週3日勤務+アルファだ。

こうなるとかなりヤバイ!
1日6時間で週3日勤務なんて想像できない!という人が多いだろう。

逆に言うと、売上20%増という目標は
そういう目標を毎年設定されているのかもしれない。

売上20%増という目標はビジョンの達成や株主のための目標な気がするが、
勤務時間20%減という目標は従業員のため(もしくはそういうビジョン)の目標な気がする。

つまり、その会社がどの方向を向いているかで目標は変わるということだ。

多様性の時代と言われるが、企業の目標は単一な方向を向いている気がする。

関連記事: