会社を小さくしておきたい理由〜会社を小さくしておくべき15の理由を読んで〜


久しぶりブログでも。

 

先日

「会社を小さくしておくべき15の理由」

http://readwrite.jp/archives/8149

 

という記事を読んで僕も会社を小さくしておきたい派なんだけど

自分なりにも考えてみた。

 

まず、会社を大きくするってなんだ?

 

少し考えてみたんだけど、

会社を大きくするってのは

 

1.売上を大きくする

2.従業員を増やす

3.社会的認知を広げる

 

みたいなことなのかなーと。

なんでだいたいその逆かな、と。

 

1.自分の好きなようにやりたい

本家のサイトでは「コントロール」と書かれていたものが

これなのかもしれないけど、

自分で作った会社だから自分の好きなようにやりたいというのが本音。

従業員を増やすと自分の好きなようにというにはいかないだろうな、と。

 

2.忙しくしたくない

本家では「ライフスタイル」と書かれていたものかな。

僕は仕事は人生の1部にすぎない(全部ではない)と思っているので

メキシコ人の漁師の話のように

そこそこ働いていればそれで十分というスタイル。

そういう意味で、売上を大きくするってのは違うな、と。

 

3.変化に対応できるようにしたい

本家では「変遷の難しさ」と書かれていたけど

この時代「変化」のスピードが早くなっている。

0からのプログラミング講座も2011年に始めたときには

それっぽいものはあまりなかったけど、最近は同じような講座も多い。

なんでもそうだけど、無料で、圧倒的に素晴らしいコンテンツが

出てくる時代だから昔稼げていたものも今はそんなに稼げないということが多くなる。

 

そういう時に従業員が多いと、今はまだ稼げるけど

厳しそうなビジネスをやめようってようにはならないだろうなーと

思っていて、そういう意味で事業を捨てる覚悟も持っていたいなと。

 

数年で駆逐されるようなビジネスなんてそもそもやりたくない

という声もあると思うけど、僕はどれでもそうなると思っているので

変化に対応できるように会社を小さくしておきたい。

 

ここまで書いてきてあえていうなら社会的認知を広げる

はやりたいなーと。

 

従業員を増やすはやらないとして、

事業規模を大きくするはやりたいと思っている。

結果、売上はあがるかもしれない。

 

そんなことを考えていました。

 

関係ないけど、最近読んだ本で良かったもの。

関連記事: