「経営者と従業員は何を求めているか?」(思考中)


前回のブログの続きです。

「経営者と従業員は何を求めているか?」

というテーマについて。

 

タイトルだけだと漠然としたテーマだと思うけど、

つまり、

そもそも経営者って会社を大きくしたいと思ってるんだろうか?

会社を大きくしたいってのは売上なのか、ユーザーなのか、シェアなのか、

利益なのか、従業員数なのか、なんなんだろう?

それはどこまで大きくしたいんだろうか?

なんで大きくしたいんだろうか?

 

従業員は会社に何を求めているんだろうか?

給料が増えることか?会社が大きくなることか?(前と同じ)

自分のスキルを高めることか?

来年、労働時間が減ることだろうか?

面白い仕事ができることだろうか?新しいことができることだろうか?

 

決まった答えなんかないんだけど、自社にとって、自分にとってを考えて、

それをちゃんと共有できてるってのが重要なのかな。

 

従業員として考えてみると

・給料は去年よりも高く

・労働時間は去年よりも短く

・面白い仕事ができる

・成果が去年よりもでる

みたいなことかなと。

 

じゃあ給料はどれぐらい上がって欲しいと思ってる?

労働時間は具体的にどれぐらいになれば嬉しい?

とかって意外と考えられて無い気がする。

 

もっと言えば

・給料は5%上がるけど、労働時間も5%長くなる

・給料は5%下がるけど、労働時間も5%短くなる

のはどっちがいいと思ってるんだろうか?

 

理想論者的には

どうやれば給料は5%上がって、労働時間は5%短くなるなろうか?

 

経営者としてはこの会社はどういうことを達成する会社なのか?

を明確に示したほうがいいのかなー。

前のブログでもそうだけど、それは今いる社員の全員が納得できる

ってものじゃないきがするけど、それを突っ切れるのかな。。。

この判断って組織が大きければ大きいほど難しいよね。

 

前職では、この会社はTOP20%の人のための会社で、

その20%の人の給料を一流企業の社員よりも高くしたい

と言っていた記憶がある。

そもそも勤務時間はフルフレックスだったし、いい会社だったな。

 

なんだかよくわからなくなったけど今のところの頭の中は

こんなことを考えてます。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です