社員はなぜ辞めていくのか?(思考中)


最近、複数の企業の組織の話を聞いていて感じたこと

考えたことの途中経過を書いておきます。

自分用のメモみたいな感じなので散文的です。

 

テーマは大きく2つあって、

1つが「社員はなぜ辞めていくのか?」と

もう1つが「経営者と従業員は何を求めているか?」です。

 

MECEな分け方じゃないとわかっているのですが

今はこんな2つのテーマを考えています。

この先も思考中なのでMECEではありませんのであしからず。

 

社員が辞める理由を思いつくままリストアップしてみると

(こういうのってどっかにまとまってるんだろうなーと思いながら

一応、ゼロベースで考えてみると)

 

【人の問題】

・他の社員と合わない

・尊敬する人が辞めた

 

【場所の問題】

・自宅から会社が遠い

・親の介護などの問題で会社の近くにいられない

・地元に帰りたい

 

【お金の問題】

・給料が安い

・残業代が出ない

 

【業務内容の問題】

・仕事の内容に興味が無くなった

・自分のやりたいことがその企業の事業ドメインとずれている

・このままでは自分のスキルが伸びない

・より専門的にスキルを伸ばしたい(上と同じ?)

 

【その他】

・変化を求めたい

・評価に不満がある

・独立/起業したい

・会社がもうすぐ潰れそう

・良い条件でオファーがあった

・採用時点で聞いていたのと違う

・仕事時間が長すぎる

・結婚

・妊娠

・体調不良

・会社の文化が自分の考え方と合わない

 

うまくまとめきれないけど一旦こんな感じかなと。

 

で、ここからが疑問点なんだけど、

1.会社がコントロールできることと、できないことはなんだろう?

2.社員が辞めると何が起こるんだろう(困るんだろう?)

 

1に関してはコントロールできることとできないことが世の中にはあって

例えば明日の天気は(まだ?)人間はコントロールできないから

それに合わせて自分を対応させていかなければならない。

2は社員が辞めるってことは一見(僕が話を聞いている人にとっては)ネガティブ

だけど、本当にそうなのかな?ってことと、困るって言うけどもうちょっと

じっくり考えてみたいということ。

 

1については

【人の問題】

・他の社員と合わない⇒異動で解決できる?できないなら厳しそう

・尊敬する人が辞めた⇒これって他にも原因があると思うけど、感情面ならコントロール不可?

 

【場所の問題】

・自宅から会社が遠い⇒住宅手当とかでコントロール可能?

・親の介護などの問題で会社の近くにいられない⇒それだけが問題なら在宅でも可能?

・地元に帰りたい⇒上と同じ

 

【お金の問題】

・給料が安い⇒よく給料は不満足要素って言われるけど、利益にもよるがコントロール可能?

・残業代が出ない⇒コントロール可能な気が・・・

 

【業務内容の問題】

・仕事の内容に興味が無くなった⇒興味が無くなることはコントロール不可能?異動で解決?

・自分のやりたいことがその企業の事業ドメインとずれている

⇒新規事業のやりやすさによってコントロール可能?

・このままでは自分のスキルが伸びない⇒コントロール可能?この辺難しいなー

・より専門的にスキルを伸ばしたい(上と同じ?)⇒上と同じ?

 

【その他】

・変化を求めたい⇒どんな変化なのかブレークダウンできないとコントロール不可能

・評価に不満がある⇒正当性があるならコントロール可能

・独立/起業したい⇒自分でやりたいのか、事業ドメインからはずれているものなのかに

よるけど、コントロール可能?

・会社がもうすぐ潰れそう⇒潰れないようにすればいいっていう無茶を言えばコントロール可能

・良い条件でオファーがあった⇒その条件が解決できるならコントロール可能

・採用時点で聞いていたのと違う⇒採用の説明時点でコントロール可能

・仕事時間が長すぎる⇒目標設定などでコントロール可能?

・結婚⇒それ自体はコントロール不可能だが、それ以外に原因があるよね。

・妊娠⇒上と同じ

・体調不良⇒仕事が原因ならコントロール可能

・会社の文化/方針が自分の考え方と合わない⇒文化/方針の決め方の中でコントロール可能?

 

ちょっと考えてみて思ったのは

人がやめて困る、掛かるコストと、その対策のために掛けるコスト(金銭的、工数的)を

どうみるか?という問題な気がする。

同時に、現実的には誰が辞めるか?ってことも考慮する必要があるなと。

つまり上の文章は

その人がやめて困る、掛かるコストと、その対策のために掛けるコスト(金銭的、工数的)

ってことになるなと。

 

会社の上位(成績だけじゃないかも)2割の人と、下位2割の人だと

対応も違うよねと。

 

ここまで書いてかなり長くなったんだけど、続きは次回とかすると

絶対書かないので続けて書いておきます。

 

2つめの

2.社員が辞めると何が起こるんだろう?(困るんだろう?)

ってほうは

金銭面、工数面、影響面みたいな感じで考えると

金銭面はその人の代わりの人材の採用コスト

工数も採用担当者は変わらず採用コストで、

残された社員としてはその人が担っていた業務の引き継ぎによる業務負担、

影響面はそれに付随して辞める人が出てくるということかなと。

 

特に現場ではその人が担っていた業務の引き継ぎによる業務負担

ってのが大きいよね。その人が優秀であればあるほど。

これってどうやって解決するんだろう?

現実では、その人の持ってた業務をその他のメンバーで

少しずつ分担してアドオンされるんだよね、きっと。

そしてその人は単純に業務が多くなる。

 

ここまで書いて思ったけど、辞める人がいないってのも組織の硬直化って

意味ではどうかなーってのもあるしなー。

 

今のところのまとめとしては

その人が辞めた時のコストとそれを防止するためのコストをどう考えるか、

辞めた人の業務をどうやって残ったメンバーで対応していくか

ってのがポイントになりそうだなー。

 

クリスマスに考えることじゃない気がするけど。。。。

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です