来てほしいメールから考えるメール整理術


gmail

 

 

 

この本を読んで、色んな物にパレートの法則を当てはめている。

自分が、何に、どのぐらい時間を使っているのか分析している。

 

「メール」という項目が出てきた。

僕はGmail、Thunderbird、Facebook メッセージ、i.softbank、LINEを使って

メール(らしきもの)を受け取っている。

さらにいえば、Thunderbirdは問い合わせ用の会社アカウントと

個人用の会社アカウントの2つがあるので、計6つのアカウントを使っている。

 

これだけみて既に、多すぎはせんか??と思ったが、

i.softbankにはもうほとんどメールは来ない。

たまにくるソフトバンクからのメール(さっき解除した)と

問い合わせが来たことを知らせるメールが来るぐらいだ。

 

LINEはプライベート限定、

Facebookメッセージはプライベート、ビジネスを混同して使っている。

Facebookメッセージでお仕事を頂き、あとから正式にメールで頂くことも多い。

 

Gmailは何かのサービスの登録に使っているのと、一部の方はGmailで

やりとりさせてもらっている。(あ、これやめようかな)

 

会社用にはメインでThunderbirdを使っているのだが、

検索機能がまったくイケてない。。。

 

ここまではメーラー的な分類だったのだが、

ここで、ふと考えてみた。

実際にきているメールはどんなメールなのだろうか?と。

いや、きてほしいメールとはなんだろうか?と。

 

来てほしいメールの種別について考えると、

 

1.お客様からのお問い合わせ

2.パートナー企業様からの提案

3.久しぶりな知人・友人からの連絡(大概は、久しぶりに会いましょう的な)

4.社内のホウレンソウ

5.プライベートな予定の調整

6.スタバからくる無料のチケットのメール

 

ぐらいかな、と。

と思って、それ以外を全部フィルタリングして別フォルダに

移動するようにしてみた。

 

フィルタリングを使うことで、未読のメール数自体を減らそうということだ。

 

あなたも、来てほしいメール以外は全部フィルタリングしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です