千葉順のブログ

隠居的生活を目指す零細企業の社長のブログ

思考

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備 その4

投稿日:2013年7月2日 更新日:


ビジネス書

 

 

ありがたいことに「ブログ読んでます!」という声を頂きました。

ありがとうございます。

 

さて、今回は

 

4.読書

年間100冊ぐらいを3年ぐらい。

 

つまり、300冊ですね。

300冊も読めば知識としてはだいたいOKなのかな、と思います。

 

問題は何を読むかと、読んだあとにどうするか、だと思いますが、

ここでは、何を読むか?についてのみ考えていきます。

 

まずは自己啓発系です。

え?自己啓発?と思った方も多いと思いますが

有名な自己啓発書を20冊も読めばどれにも出てくるような

本質的な事が書いてあると思います。

 

・ユダヤ人大富豪の教え

・星の商人

・夢をかなえるゾウ

・金持ち父さん貧乏父さん

・思考は現実化する

・7つの習慣

・人を動かす

・人生の地図

・「原因」と「結果」の法則

 

あたりですかね。

自己啓発本ばかりを読んでしまう人がいると思いますが

モチベーションは上がっても特定の知識はつかないですね。

これは本を読む目的に関してですが

 

・自分のモチベーションをあげる

・特定の知識をつける

 

に大きく2つ分けられるのではないか?と思っています。

これは僕なりの考え方なのかもしれませんが。。。

 

どちらにせよ、自分が何のためにその本を読んで、

何を得ようとしているのか?を考えることが大事かなと思います。

 

特定の知識をつけるという意味では

グロービス社のMBAシリーズを全部読むのがいいかなと思います。

MBAに通うのはコストが掛かりますが(その分のメリットはあるでしょうが)

起業するにMBAを取る必要は無い気がしています。

 

逆に起業してから特定の分野の勉強をもっとしたい、大学院とかで

研究したい、という想いは湧いて来ましたがw

 

僕は大学4年生の時にブック・オフを周り、

MBAシリーズを大体読みました。

用語を知っているだけでも他の人が使っている言葉の意味が

わかりますし、フレームを持っていることで短い時間で考えないと

行けない時は有効です。

 

最後に本の読み方ですが、僕は本田直之さんの

レバレッジ・リーディングを参考にしています。

 

簡潔に書けばレバレッジメモというのを書いていくことになります。

1冊の本を読んだ時、その中で心に残ったこと、残しておきたいことを

メモに残しておきます。そのメモをドロップボックスに入れておいて

電車の中で読み返したりしています。

 

さらに、このフォルダを前述の仲間と共有しておくと

より一層レバレッジが効きます!

関連記事:

-思考
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人工知能がもたらす将来の予測(予想)

本屋へ行くと情報系のコーナーはもちろん、ビジネス書のコーナーにも人工知能、AI、機械学習、ディープラーニングという言葉が書かれた本が並んでいることが多くなりました。 人工知能が2045年ごろに人類の知 …

ベーシックインカムがくる未来

ベーシックインカムは本当に導入されるだろうか?みなさんどう思いますか? ちょうどFacebookのザッカーバーグがベーシックインカムを支持したという記事が上がってました。 ベーシックインカムとは、ウィ …

月5万円稼ぐビジネスを持つということ

福岡2日目の天神のスタバで奥さんが福岡に来るのを 待っている間に書いてます。 弊社では1年に2つの新規事業を立ち上げるという 目標がありますが、 その達成基準は月に5万円以上の利益を生み出すか? とい …

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備 その8

  毎回そうなのですが、今回は特に全員に当てはまるわけではありません。   8.転職 これは必要な人だけかもだけど   について書いていきます。   大学生のう …

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備 その3

  3つ目にしてちょっと飽きてきて別のことを書きたくなってきたけれど どこかにユーザーがいると思いながら書きます。 今回はビジネスアイデアについて。   3.ビジネスアイデア 5つ …