千葉順のブログ

隠居的生活を目指す零細企業の社長のブログ

未分類

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備 その1

投稿日:2013年6月26日 更新日:


30man

 

 

前回書いた

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備

のそれぞれをもう少し詳しく書いていこうと思います。

(10全部書ききれるか正直、不安ですw)

 

まずは、1つめの

 

1.貯金

200万円ぐらい。

 

から。

 

これは、起業(フリーランスとかNPOとかも含んでこれでまとめます)

当初からお金を払ってくれる顧客がいる場合には100万円で済むかもしれません。

イメージしているのは、まだアイデアだけあって、顧客が付いていない

(もしくは、安い案件が数件だけ)ぐらいの起業の場合です。

 

200万円という金額は大体1人の人が無収入でも

1年間暮らせるぐらいのお金だと思います。

 

これぐらいあれば、最悪、最初のアイデアがコケても

(初期投資額が低い、借金をしていないとかあるけど)

なんとかなるかな、と。

 

月にしたら17万ぐらいで都会だと結構ギリギリだと思います。

食費を抑える、シェアハウスに住む、1年間は洋服を買わない

とか頑張ればギリギリいけるか、かなと。

 

まぁ、実際派会社を辞めても前年度の所得にかかる住民税や

健康保険料が重くのしかかるので(6月末より3月末に辞めたほうがいいよ!)

200万じゃかなりギリです。

 

登記する方は20万ぐらい掛かるのでそれも考慮した方がいいですね。

 

つまり、準備その1の結論としては

 

1.200万以上貯金してからやめる

2.3月末にやめる(6月じゃなんで駄目なのか考える)

3.起業当初からある程度の(累計でも100万円以上の)顧客を見つけてから辞める

 

が現実的でしょう。

まぁ、もっとも、僕は1しか満たしてなかったですがw

 

 

関連記事:

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月に「5万円」稼げるビジネスアイデアを考える

    22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備 その3 http://junchiba.com/archives/218   にも書いたのですが、 …

no image

これさえあれば生きていけるというモノ

  禅の言葉に 「漁夫生涯竹一竿」 (ぎょふのしょうがいたけいっかん) という言葉があります。   漁夫は生計をたてるのに釣竿が一本だけあればいい という意味で 「ほっとする禅語」 …

no image

Day15 in Cebu

Day15 in Cebu. I felt a little bit sad today. That reason why is my teacher Gellet resign QQE. When …

no image

面白いと思ったビジネスアイデア 2013/10/07

月に2回のクラウドワークス閲覧で見つけた 面白いな−とおもったビジネスアイデアを書いてみます。   前回のはこちら   駐車場を貸し借りするwebサービス   友人である …

8月はお休み頂きます

    株式会社HEART QUAKEは8月は夏休みとさせて頂きます。   昨年は7−9月の3ヶ月のお休みをいただくと公言し、 実際には企業研修等があった関係で、 そこま …