プログラミング初心者のためのプログラミング言語入門


programing2

 

 

 

初心者の方にプログラミングを教える仕事をしていると

必ずといっていいほど聞かれるのが

「どの言語を勉強したらいいですか?」

的な質問です。

「javaってどうなんですか?」みたいに聞かれることもありますw

 

おそらく、英語と違って世界共通っぽい言語が無いのが

わかりづらい理由なのだと思います。

 

こんなとき、僕は以下のように答えるようにしています。

「それは目的によって違います」

 

1.ホームページを作りたい場合

HTML+CSS+Javascript

 

2.iPhoneアプリを作りたい場合

Objective-C

 

3.iPhoneとAndroidアプリを両方一気に作りたい人

Javascript(Titaniumでぐぐるといいよ、と言っています)

 

4.WEBサービスを作りたい人

HTML+PHP+SQL

さらに言うと(CSS+Javascript)

 

※PHPをおすすめしているのは自分の講座の関係もあるのですが、

「Rubyをよく聞くんですが・・・」という人には

「RubyよりもPHPの方が古くから使われているのでネット上に

サンプルがたくさんあります。初心者の方にはサンプルがたくさんある

言語を勉強したほうが楽だと思います。」

と説明しています。

 

5.社内の業務システムを理解したい

Java(のことが多い)+SQL

 

多くの企業の業務システムはJavaで作られていることが

多のではないか?という仮説のもと、Javaをおすすめしていますが

社内のエンジニアに聞いてみて下さい、と言っています。

 

何度か出てきているSQLについてはデータベースに関係している

プログラミング言語で、ORACLE社にデータベースの資格が

あることを説明し、ブロンズ取得のための本を買ってみることを

おすすめしています(ただし、本気でやりたい方、限定です)

 

6.よくわからないけど、とりあえず勉強したい

Javascript

見た目の面白さ、演算、外部連携、など幅広く体験できるのが

Javascriptだと思いますので何か1つということだとこれだと思います。

 

僕の知り合いにはエンジニアの方が多いので

突っ込みどころがあると思いますが、ご容赦くださいw

 

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です