人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

GASプログラミング


-, , , ,

はじめてのプログラミング〜Google Apps Script編 その3 セルのデータの読み込み〜

投稿日:


はじめてのプログラミングということで第3弾です。(不定期でお届けしています) 過去の記事を見るには、ブログ右側のサイドバーのカテゴリーからGASプログラミングをクリックして下さい。

前回、Google スプレッドシートにデータを書き込むというのをやったので、今回は書いてあるデータを読み込むというのをやりたいと思います。

早速プログラムはこんな感じです。

GAS データ書き込み

function myFunction() {
Logger.log(“Hello”);

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
//sheet.getRange(‘A1’).setValue(‘データ入力’);

var data = sheet.getRange(‘A1’).getValue();
Logger.log(data);
}

※そのままコピペするとシングルクォーテーション「’」が全角になってしまうので、半角に直して下さい。

ちなみに、「//」の部分はコメントと言って、無効化されます。普通は自分や他の開発者へのメモ書き的に使われますが、一時的に消しておきたいプログラム(あとから戻すかもしれない)をコメント化しておくこともよくあります。

とりあえずこれで完成です。実行してみましょう。実行は下図の通り、 実行 > 関数を実行 > myFunction でできます。

が、何も起きません。。。

いやいや、そんなことはありません。ちゃんとプログラムは動いています。確認するには、 表示 > ログ を選択します。(下図)

すると、ほら・・・

上のHelloは2行目に書いたLogger.log(“Hello”);によるものです。大事なのは下の「データ入力」の方です。
これがスプレッドシートのA1のセルに書いてあるデータを表示してくれています。もう一度プログラムを見てみましょう。

function myFunction() {
Logger.log(“Hello”);

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
//sheet.getRange(‘A1’).setValue(‘データ入力’);

var data = sheet.getRange(‘A1’).getValue();
Logger.log(data);
}

※そのままコピペするとシングルクォーテーション「’」が全角になってしまうので、半角に直して下さい。

sheet.getRange(‘A1’).getValue();の部分でA1のセルのデータを取得(value=データなのでgetValue)しているのがわかります。

その左側にある var data = の部分はやや説明が面倒なのですが、取得できたA1のセルのデータをdataという箱にしまったよということになります。

なんで箱にしまう必要があるのかわからないと思いますが、まぁそーゆーもんですw ちなみに、箱にしまわずに表示することもできます。

function myFunction() {
Logger.log(“Hello”);

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
//sheet.getRange(‘A1’).setValue(‘データ入力’);

//var data = sheet.getRange(‘A1’).getValue();
Logger.log(sheet.getRange(‘A1’).getValue()); //ここが変わってます
}

※そのままコピペするとシングルクォーテーション「’」が全角になってしまうので、半角に直して下さい。

これで実行しても結果は同じになります。箱にしまっておく仮保存についてはまた別の機会で書いていきたいと思います。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-GASプログラミング
-, , , ,