人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

はじめての(失敗しない)会社名の決め方

投稿日:


起業したり、独立したりすると会社名や屋号を決めるシーンがあると思います。特に会社名はあれこれ悩んで思い入れのある名前をつけがちです。

とりあえず1社作った僕としては、正直、会社名の決め方には失敗したな~という想いがあります。別に悪い名前じゃないと思うのですが、失敗したと思う点は以下のとおりです。(ちなみに会社名は 株式会社 HEART QUAKE)

・会社名からは何をやっている会社かよくわからない
・発音しづらい(クエイク が特に発音しづらい)
・聞きなれない単語が入っているから間違えられる(クオークとかクエストとか言われる)

起業当時、なんとなく教育をやろうと思っていたけど、何の事業をやるか決まってい無い状態で始めてしまったので仕方ないけど、会社名だけで何をやっている会社なのかわかるようにしたほうがいいと思います。SEO的にもそのほうが価値があると思います。

また、電話などで聞き取られやすい名前にした方がいいです、ムダに何回も聞き返されます

さらに、聞き覚えのある単語を使ったほうが良いです。クエイクとか普段使わないので、クエストとか、なんとなくクオークとか言われます。人はよくわからないものは適当に自分の知識で埋める能力があることがわかります。

失敗しない会社名の決め方

ということで、失敗しない会社名の決め方はその逆をやれば良いわけです、

1.何をやっている会社なのか一発でわかる名前
 ⇒トヨタ自動車とかわかりやすい

2.サービス名と同じ名前
⇒LINEとか、楽天とか

3.発音しやすい名前
⇒できれば電話で友達に伝えた時に聞き間違えられないか確認

4.聞き覚えのある単語で構成される名前
⇒え?どういう意味?と言われたらダメ

ようは、会社名って創業者の思い入れがガッツリ入っていくると思うのですが、正直、思い入れを優先するより、顧客視点を優先したほうが良いと思ってます。とはいえ、最初の会社はこだわり持ってしまうものですが。。。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,