人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

GASプログラミング


-, , ,

はじめてのプログラミング〜Google Apps Script編 その2 セルへの書き込み〜

投稿日:


以前にも書いた不定期のGAS(Google Apps Script)というプログラミングの記事の続きです。以前の記事はこちら。
はじめてのプログラミング〜Google Apps Script編 その1〜

今回はプログラムからGoogle スプレッドシートにデータを書き込むのをやってみたいと思います。

まずはGoogle ドライブにアクセスします。新規 > Google スプレッドシートでスプレッドシートを作成します。(上図)

次に、上の方のタブから ツール > スクリプトエディタ を選択します。(下図)

前回のプログラムの続きに書いていきたいと思います。こんなプログラムを書きます。(下図)

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
sheet.getRange(‘A1’).setValue(‘データ入力’);

※そのままコピペするとシングルクォーテーション「’」が全角になってしまうので、半角に直して下さい。

とりあえずこれで完成です。実行してみましょう。実行は下図の通り、 実行 > 関数を実行 > myFunction でできます。

が、しかし。。。こんなんがでてきます(下図)

なんか許可が必要なようです。許可してあげましょう。

すると、下図のようなアカウント選択の画面が表示されるので、アカウントを選択しましょう。

が、せっかく許可したのに・・・(下図)
え?と思っても安心して下さい左下の詳細をクリックします。

すると下図のような画面が現れます。

そこで、(安全ではないページ)へ移動をクリックします。ちょっと怖いけどね。。。
すると下図のような画面に変化します。そこで、許可をクリック。(実行までなげーな!!)

ここまでやって、やっとこさ実行できました何も起こっていないようにおもいますが、Google スプレッドシートを見てみると、ちゃんとデータが入力されています。

ここで、もう一度プログラムを見てみましょう。

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
sheet.getRange(‘A1’).setValue(‘データ入力’);

細かいことは置いておいて、上の1行は、今、開いているシート(アクティブなシートと呼びます)を選択(本当は取得)しています。
次の1行で、そのシートのA1のセルに、「データ入力」という文字を入力(セットと言います)しろというプログラムです。

初心者の方はちゃんと理解したいと思うと思いますが、最初からちゃんと理解するのは大変なので、ざっくりと理解していきましょう。何回か書いてるうちにわかってきますw

ということで、プログラムからデータを入力することができました。続きはまた不定期で。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-GASプログラミング
-, , ,