人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

副業のビジネスアイデアを考える方法

投稿日:


2017年から副業解禁の流れを受けて、副業にチャレンジしようかなと思ってる人も多いのではないでしょうか?じゃあ何やろう?ということになるかと思います。

こういうとき、企業内の新規事業立案とかもそうだと思いますが、斬新なアイデアを考えよう!みたいな感じで何人か集まってブレストをしてもうまくいかないことが多い気がします。

こちらの記事なんてまさにそうです。

「アイディアソン」が事業に繋がらない理由──「なぜやるか」を問う人と「コミュニティ」

なお、この記事で一番おもしろかった文はこれ。

半日程度の「アイディアソン」で生まれたものに「サラリーマン人生」をかけられる?

副業レベルのビジネスアイデアの考え方

つい、ビジネスアイデアというと何か斬新な、これまでにないみたいなことを考えてしまうけど、副業レベル(つまり、僕がやっているレベル)のビジネスアイデアを考えるなら、これが一番です。

周りの人が困っていることを解決できる、(自分にとっては比較的)簡単なこと

周りの人が困っている、というのは、既にニーズがみえているということで、ファーストユーザーがほぼほぼ獲得できていることになります。ビジネスを進めていくと顧客開発でつまずくことがありますが、まず1人でもユーザーがいれば、他にもユーザーがいることは間違いないです。

(自分にとっては比較的)簡単なことというのは、他の人には難しいと思われているけど、自分にとっては簡単なことが意外とビジネスになるよということです。例えば、僕にとってはプログラミングをすることは(できないことばっかりだけど)比較的簡単だけど、他の人には難しいと思われていて、学びたい人が多いということは、それを教える仕事が成り立つということになります。

他にも、お店でやったらまぁまぁ高いけど、自分がやればもっと安くできる、みたいなもの(ただし、資格が必要なものは気をつけて!)も副業程度のビジネスになるかと思います。例えば、ネイルサロンでやったら高いけど、個人なら安いみたいな。(設備とかどうかわからんけど)

ちなみに、副業レベルってどれぐらい稼ぐことをイメージしているかというと、月に3〜10万ぐらいの利益と考えてます。それぐらいの感覚でやっていったほうがいいだろなーと思ってます。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,