人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, , , ,

朝まで生テレビみて「生産性」について考えてみた

投稿日:



テレビが届いたので(買いました)さっそく録画していた「朝まで生テレビ」を見ました。テーマは働き方改革でした。多くの時間が企業や働く人の生産性をどう上げるか?という話に使われていたと思います。

いろんな面白い話が出てました。

週休3日にする
残業代を2倍にする(2倍にしたら経営者が何か考えるだろう)
・中小企業をM&Aで減らす
・このまま待ってれば人口が減るから生産性は勝手に上がる(何か考えるだろう)
・低価格/高品質のマインドを変える
・社員の首を切りやすくする

生産性は、アウトプット(お金などの得られる資産) / インプット(時間やお金などの投下した資産) ですから、同じ量のインプットでアウトプットを増やすか(わかりやすいのは値上げ)、同じ量のアウトプットをより少ないインプットで得るか、というのがわかりやすいと思います。

数字で示せば、これまでインプット1で、アウトプットも1だったのを、インプットは1で、アウトプットが1.2とか、アウトプットは1だけど、インプットが0.9とかですね。前者は20%、後者は11%生産性が上がってます。(1.2 / 1.0 , 1 / 0.9)

一方で、アウトプットはちょっと下がるけど、インプットはめっちゃ下がるとかもありますよね。例えば、アウトプットは0.9だけど、インプットは0.7みたいな。実はこれ、28.5%生産性が上がってます。(0.9/0.7=1.285)

でも多分、企業ってこれできないですよね。。。生産性は上がってるけど、売り上げ下がってるじゃねーか!!って。例えば、ある画期的な効率化のアイデアがあったとして、それをやると売上が少し下がってしまう場合、企業内のどこかで「そんなことして売上下がったらどうするの?」となって、否決されるでしょう。

つまり、企業内で許される生産性の概念って、同じ量のインプットでアウトプットを増やすか、同じ量のアウトプットをより少ないインプットで得るかの2つしか許されてないって感じですよね。

ただ、個人としてはアウトプットはちょっと下がるけど、インプットはめっちゃ下がるってのがアリだと思うんです。僕の話で言えば、インプットが0.1になるなら、売上は半分になってもいいと思ってます。(0.5 / 0.1 = 5) つまり、生産性は5倍です。ポイントは売上が半分になっても生きていけるか?ということと、残りの0.9の時間が暇になるけど、何をするか?ということですね。

これはちょっと極端ですが、個人としてはアウトプットは0.9だけど、インプットは0.7を目指しても良いと思っています。成績はちょっと下がるけど、早く帰れるようにするとか、ちょっと怒られるけど、ちょっとサボるとかw ポジティブに考えれば?、この国の企業はそうそう社員の首をきれないので、ちょっとさぼって怒られたところで大丈夫です(って何が?)

今いる会社の中でそんなことはできなそうなら、年収は少し下がるけど(でも生きては行けるぐらい)、早く帰れそうな会社に転職するのもありですよね。いやいや、そんなふうに働いてたらダメでしょ!!というお叱りを受けると思いますが。。。

まぁ、人間が働く(特に好きではないことを仕事にしている場合)のもあと30年ぐらいかもしれないので、もうちょっとゆるゆると(でもこっちのほうが生産性は高いんですよ!!)働いてもよいのではないでしょうか。

後半、サボる的な話し多くなっちゃいましたが、アウトプットは0.9だけど、インプットは0.7にできるアイデアは無いか?を考えてみること時代は大事だと思います。それを考えてるうちにインプットは0.7でアウトプットは1.0のアイデア思いつくかもしれないので!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, , , ,