人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

時間の見積りの精度を上げる!? プランニングポーカーという手法

投稿日:


このタスクにどれぐらいの時間が掛かるかっていう時間の見積りってなかなか精度が上がらないものですよね。でもこの精度が上がらないと、残業しなきゃいけなくなったり、最終的にはプロジェクトに遅延が発生したりします。

今回はIT業界ではちょっとだけ有名な? プランニングポーカーという見積りの精度向上に有効な手法を紹介したいと思います。

プランニングポーカーとは

プランニングポーカー
出典:http://blog.engineer.adways.net/entry/36753327

プランニングポーカーとは複数人で見積りを行うことで、それぞれが考えている見積りのズレを見える化し、見積りの精度を上げる手法です。

やり方を簡単に書くとこんな感じです。

ー準備編ー

1.名刺カードサイズの紙を用意します。

2.カードにはそれぞれこんな数字を書きます。
 0、1/2、1、2、3、5、8、13、21、?
合計:10枚
 ※この数値はフィボナッチ数列が関係しているようです

3.1人につき10枚のカードを配ります。

プランニングポーカー用のカードも販売されているようですが、訳がわからないほど高いので自作しましょう。

準備ができたら実施編です。

ー実施編ー
あるAというタスクの見積りを複数人で以下のように行います。

1.それぞれの人がAというタスクに掛かる時間に最も近いカードを選びます。
 ※この時、単位を揃えておくのが良いでしょう。単位が日なのか、時間なのか。

 つまり、僕がAというタスクに2時間掛かると思ったら2というカードを選びます。

 2.せーので、自分の選んだカードを出します。

3.メンバー間で出したカードに大きな差があれば、なぜそう思ったのかを聞いていきます。

4.意見を聞いて、合意できる工数を算出していきます

5.1〜4をタスクごとに繰り返します
 ※一度使ったカードも使えます

いかがでしょうか。1つのタスクの見積りを複数人で、しかも、数値で表すことで、ズレを見える化できます。これによって、ある人は13時間(日)掛かると思っているタスクを、ある人は2時間(日)でできると思っているかもしれません。この時、2時間でできると思っている人の想定があまく、実はここが難しいんだよということを伝えれば、そうか、これは13時間掛かるな、ということになるかもしれませんし、逆に、こんな方法でやれば、2時間でできませんか?というブレークスルーも起こるかもしれません。

みんなの意見は案外正しいという本がありますが、1人で考えるよりも少なくとも複数人で考えたほうが見積りの精度は上がりそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ちょうど今、チームでタスクの見積りを作らないといけないという人はぜひ試してみて下さい。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,