人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

その他(適当に考えたこと)


あと何回、親に会えるのか?

投稿日:


年末年始は新潟の妻の実家にお邪魔していたため、今日、娘が生まれた報告も含めて、僕の実家に行きました。姪っ子にはすっかり嫌われて、お菓子を「ちょうーだい」と言っても、「やだやだ」 の一点張りで、仲良くなれませんでした。。。

クリスマスプレゼントとかお年玉とかは直接渡さないとダメみたいです笑 こーゆーのは仮想通貨だとかの限界ですね。。。子どものころは実態のないものや、身体的接触の無いものは伝わらないみたいです。。。

それはそうとて、帰りの電車の中でふと思うのが、「あと何回、親に会えるのだろうか?」ということです。僕の両親は比較的若く、どちらも50代中盤です。周りを見渡すと、35歳の両親の年齢は60〜65歳ぐらいだと思うので(長男長女の場合かな)、5〜10歳若いことになります。

とはいえ、1年に会う回数は4〜6回ぐらいなので、あと20年生きてくれたとしても、100回ぐらい、早いと50回ぐらいになってしまいます。

そんなことを考えると、1回1回が大事だし、聞いておきたいこともあるなーと思います。ちなみに、今日はお墓の話を聞いてきました。 父親が長男、僕が長男なので、千葉家の墓を継ぐことになりますが、母方は4姉妹なのでどーなるの?的な。 あと、おばさんも千葉性だけど、どーなるの?的な。

実家問題も聞かなきゃな。死後、実家はどーするの?的な。既に土地は僕のものなんだけど、僕は住むつもり無いので、妹が住むのか、売ってしまうか、これは妹と話さなきゃなーとか。

両親もそうだけど、そうやって考えると1年に1度しか会わない地元の友達とかもあと20〜30回ぐらいかもとか考えると人生って意外と短いなーと。35歳ぐらいになると、ふとそんなことを思います。

親孝行したいときには親はなし

といいますが、頑張らねば!



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-その他(適当に考えたこと)