人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

生活のチートシリーズ


-,

早くも今年の目標を見直そう。目標の立て方。

投稿日:


一年の計は元旦にありということで、大晦日なり、元旦なりに今年の目標を立てたという人も多いかと思います。まさに今日、考えようと思っていた人もいるかもしれません。

ということで、すでに目標を立てたという人は、早速ですが、その目標を見直してみましょう。え?せっかく目標立てたのに・・・って感じかと思いますが、もう一度、目標を見直して、こう問いかけてみてほしいのです。

その目標、あなたの幸せに繋がりますか?

目標と幸せの関係

ここでひとつ、仮定を置きたいと思います。それは僕らにとって、幸せになる(である)ということが人生で最も大事な目標であるという仮定です。僕らは幸せを目指しているということです。

この前提がピンとこないという人には今後の話はあまり意味が無いかもしれないです。ただ、これは仮定なのでそう思ってない人もそうだと思って読んでみてください苦笑

仮に、僕らは幸せになること、あり続けることを目標として生きているのだとすると、あなたが立てた今年の目標は、あなたの幸せにつながっているでしょうか?そういう視点で今年の目標を見直してみてほしいのです。これを考えるにあたって、こんな問いも生まれてくるでしょう。

自分にとって幸せってなんだ?

この問いに、(現時点での)自分なりの答えがでないことには今年、TOEICで720点を目指そうが、体重68kgを目指そうが幸せにつながらず、途中で挫折してしまうでしょう。だって、それは多分、本当に望んでいるものではないから。

自分にとっての幸せを考える

ということで、今年の目標を考える前に、自分にとっての幸せとは何か?を考えてみましょう。あなたにとって幸せとはどんな要素で構成されているか。

それはお金をXXXX万円持っているということかもしれないし、フルマラソンを走れるぐらいの体力を持っていることかもしれないし、誰かにありがとうと言われることかもしれないし。もちろん、1つの要素だけではなく、いくつかの要素の組み合わせで構成されるものかもしれないし。

ちなみに、僕にとっての幸せの構成要素は大きく分けて4つあります。

1.自由
2.楽しさ・喜び
3.快適さ
4.健康

です。さらに分解するとこんな感じです。

1.自由 = お金 + 時間
2.楽しさ・喜び = 仲間 + 家族 + 遊び + 食事
3.快適さ = 温度・湿度 + 混雑度 + 気持ちよさ + 人間関係
4.健康 = 食事 + 体重 + 運動 + 病気しない

さらに、お金とはどれぐらいもっていることなのか?とか、時間とはどういうことなのか?みたいな感じでブレークダウンされています。実際に考える時は逆のアプローチでボトムから考えてどんどん抽象化していきます。

そして、その幸せの理想形と現実のギャップの一番大きいところを今年の目標としています。自分にとって幸せの定義を持っているといろんな判断が楽になります。

例えば、僕の幸せの定義の中に「英語」はでてきません。だから、僕は今のところ英語を勉強しないんです。やっても僕にとっては幸せにつながらないから。でも、これは僕にとってはです。幸せの形は人それぞれ違うと思うので、人にとって大事でも僕にとっては重要じゃないものもありますよね。

まとめ

ということで、今年の目標の考える前に、考えた人は見直して、そもそも、自分にとっての幸せとは何か?ぜひそれを考えてみて下さい。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-生活のチートシリーズ
-,