人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ 起業したい人向けシリーズ


-, , ,

副業解禁!あなたのアイデアを早くテストする方法

投稿日:2017年12月28日 更新日:


今日の日経新聞の一面に、「副業容認で社員育成 コニカミノルタやDeNA 」という記事が掲載されていました。電子版(WEB版はこちら)

副業容認で社員育成 コニカミノルタやDeNA

副業は個人の働き方改革、企業としてはAI、ロボット時代の人材不要論両輪でニーズが高まっていると思います。

ちょっと前までは、企業側が人材流出を恐れて導入しなかったと思いますが、先進的な企業が導入し、そういう制度が無いと人口減少時代にそもそも人材が採用できないやらないことでも人材が離れてしまうことを考えると、一定のリスクヘッジできることさえわかれば、進捗も早いですね。

ということで、僕らは一億総個人事業主社会(とまではいかないけど)に入っていきます。これは正社員をやりながら副業もやる人もいれば、フリーランスとして元々いた会社から業務委託契約に切り替えてもらって、という人もいるでしょう。

また、正社員というのがこれからレアになるので、もしかしたら正社員というより、独占契約みたいなスタイルで重宝される可能性もあります。

さて、副業って何やろう?

副業 アイデア

よっしゃ、来年は副業考えよう!! ん、待てよ、副業って何やろう?ってのが多くの人じゃないかと思います。以前の記事に稼ぎ方を掲載しましたが、今日は違った角度で、アイデアをテストする方法について書きたいと思います。稼ぎ方の記事はこちら。

副業の種類について – 老後貧乏は「10通りの稼ぎ方」を知れば怖くない より

思いついた副業アイデアを早くテストする方法

ここからは副業でやりたいビジネスのアイデアが浮かんだとして、その副業アイデアうまくいきそうかどうか早くテストする方法について紹介したいと思います。参考になるのがこちらの記事。

スタートアップや起業のアイデアが通用するかしないかをできるだけ安くテストする方法

タイトルはスタートアップや起業となっていますが、副業でも同じことだと思っています。抜粋するとこんな感じ。

1.コーヒーを20人におごる
2.影響力の大きいブロガーと食事をする
3.情報収集のために人に集まってもらう
4.目立つ衣装を購入する
5.グーグルの広告枠を買う
6.ビデオ映像を作成する

スタートアップや起業のアイデアが通用するかしないかをできるだけ安くテストする方法

4番を消したのは、正直、あんまり参考にならないかなーと思ったので。。。
目立つ衣装を購入する
出典:http://gigazine.net/news/20120612-how-to-test-your-startup-idea-for-50/

こんな服装でチラシを作って配ってみましょうってなかなかねー。とはいえ大学生向けのサービスとかだったら大学までの道のりでチラシを配るってのはありかもしれない。

個人的に考えたものはこんな感じ。

1.SNSにアイデアをつぶやく
2.既に副業・起業している人に相談してみる
3.キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

どれもありきたりですが、まずは、そのアイデアをSNS(FacebookやTwitter)に投稿してみること例えばこんな感じ。

プログラミング勉強したいって人いる? 1回2〜3時間、全5回ぐらいでTwitterの簡易版みたいなの作れるイメージ。

これは実際に僕がプログラミング講座を始める時にTwitterに投稿した内容とほぼおなじもの。これがかなり反響があって実際にプログラミング講座がスタートしました。(それって東京ですよね?という返信もありました)

アイデアがパクられるから投稿は嫌だという人もいるかと思いますが、大丈夫です。素晴らしいアイデアならいつかパクられるんで。それより早く始めたほうがいいです。

2つめは既に副業や起業している人に相談してみるってのもありです。実際にやってみると、こっちのほうがたぶんうまくいきそうとか、それやるためにはこういうの調べてみたほうがいいよとか、この人がそれと同じようなことやってるよ、とか、わかること・知っていることも増えてくるので1人じゃ取れなかった情報が取れることもあります。

僕もプログラミング講座、エスプレッソマシーンの輸入販売、バブルサッカーのレンタル、青い瓶の販売など、色々とやってきたので多少のノウハウがあるつもりです苦笑

キーワードプランナー
出典:https://dmlab.jp/tools.html

最後は、WEB業界の人は当然知っていると思いますが、一般の人はあまりしらない、Google キーワードプランナーというツールを使ってニーズがどれぐらいあるかを調べる方法です。これはスモールビジネス経験者として必須のツールです。

Google キーワードプランナーの説明ページ

使い方についてはまた別の記事で書いてみたいと思いますが、ようは、「プログラミング 初心者 講座」 というキーワードでGoogleで月間何回検索されているかがわかる、というツールです。もちろん、回数が多いほうがニーズがあることがわかります。

ということで、例えば副業で、出張ネイリストでもやりたいなーと思ったら、「出張 ネイル 川崎」 みたいなキーワードで何回検索されているかを調べて、あまりニーズがなければそれはやらないということになります。

まとめ

いかがでしょうか。副業といっても色々とあると思いますが、ニーズがなければお客さんがみつからず、お金にもなりませんニーズを作り出すことも大事ですが、正直、簡単なのは既にあるニーズを満たすことです。

そういう意味でニーズがあるかどうかを早くテストすることが大事だと思います。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ, 起業したい人向けシリーズ
-, , ,