人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

業務効率化したいならプログラミングを学んだ方がいい

投稿日:


元エンジニアの端くれとして、多少なりともプログラミングができることで救われていることがたくさんあります。今日のメッセージはタイトル通りこんな感じです。

仕事の効率化をしたいなら、プログラミングを学んだ方がいい

なんとなく、プログラミングを学びたい人ってWEBサービスやiPhoneアプリを作って起業したい、世の中の問題を解決したい!って人が多い(というかそういう風潮?)気がするんですが、プログラミングを学ぶ一番のメリットは効率化だと思います。

つまり、自分が楽になるためにプログラミングを勉強するってことです。学生ならともかく、社会人がプログラミングを学ぶにはなんとなく、これが学習効果が一番高い気がします。

ちなみに僕は仕事上で面倒なことがある(やりたくないのに何度もやってる)ことがあるとプログラミングでシステムを作り、自動化しています。こうすることでちょっとずつですが効率化され、段々と楽になってきます。

学ぶならGASがオススメ!

gas プログラミング
出典:https://tonari-it.com/gas-gmail-sendemail/

でも、プログラミングっていろんな言語があってどれがいいの?という人も多いと思いますが、僕が今、仕事を効率化したいと考えている人にオススメするのはGASです。

プログラミングにはいろんな言語があります。例えば、最近流行りのAI(人工知能)系をやりたいならPython(パイソン)、Webサービスを作りたいならまずはHTMLを学んで、その後はJavascript(ジャバスクリプト)あたり、最終的にはRuby on Rails(ルビーオンレイルズ)を学ぶのがよいでしょう。

ただ、これらを学んでもすぐに業務の効率化には繋がりません最小工数で業務効率化するためのプログラミング言語ならGASです。

GASはGoogle Apps Scriptの略で、その名の通り、Googleが提供するサービスです。仕事上、Googleスプレッドシートや、Googleカレンダーを使う場合、GASはGoogle製品との連携が簡単なため、自分が書いたプログラムが仕事上で役立つ可能性が高いです。

あまりオススメできないですが、GASをちゃんと学んでみたい人はドットインストールあたりでやってみるのも良いかと思います。
ドットインストール Google Apps Script

ただ、こういう学び方は実務とは関連性が低いので勉強しても、さぁ、これを何に使おう?と思ってしまうかもしれません。ただし、何事も基礎は必要なので前提知識を得るために学ぶには良いと思います。

ニーズがあれば仕事で使えそうなGASのプログラムを紹介していくのもありかなと思っています。興味ある人はFBなどでコメントください。

ちなみに、GASではないですが、Pythonを使って業務効率化に特化した書籍もあるので、どうせやるなら将来的にはAIも勉強してみたい!って人はこちらの書籍がオススメです。

来年の目標にプログラミングが入っている人はGASまたはPythonあたりから初めてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,