人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

鍋の新しい食べ方

投稿日:


冬になるとどうしても食卓にが多くなります。理由は簡単で、手軽に作れること、野菜がたくさん取れること、味付け変えれば飽きないことなどがあげられるでしょう。

ネットを見ると、毎日鍋という強者もいるらしく、あんまり意識したことなかったけど、ダイエットにいいかも、みたいな記事もありました。あの素にどれぐらい炭水化物が入ってるかが気になる(けど、調べてない)

僕が料理が好きではない理由

どうでもいいことですが、僕はあんまり料理が好きではないです。僕ら夫婦の働き方的に、僕が家にいる、奥さんが外で仕事してるということで、夕食を僕が作ることが多くなるのですが、料理がいまいち好きになれない理由は、ストックにならないからです。時間掛けて作っても食べたらすぐになくなってしまう。いわゆるフローの考え方ですね。

ビジネスの世界で僕が重視しているのはストックという概念です。つまり、今日やったことが、蓄積され、明日以降の自分を助けてくれるということです。例えば、このブログは毎日1本ずつですが蓄積され、ストックされていきます。でも、料理はスキルは蓄積されるかもしれないけど、モノはなくなってしまう。だから、明日もまた作らないといけない、それがなんか嫌なのです。(個人の感想です)

鍋の新しい食べ方

鍋
出典:https://www.fashion-press.net/news/21675

ということで、ズボラな僕が編み出した、料理をできるだけストックに近づける方法の1つを紹介します。もちろん、最近流行りの作りおき料理なんかもいいですよね。

それが、鍋の新しい食べ方につながります。といってもたいそうな事ではありません。

鍋を味噌汁として食べる

簡単に流れを書いておきます。

1.鍋を作る
2.鍋として食べない
3.味噌汁として鍋を食べる
4.メインは別に用意する(だから1日目だけ大変)
5.鍋は途中で具材を足したりしながら3日ぐらい掛けて食べる

つまり、鍋を味噌汁代わりに食べることで、3日ぐらい持たせようということです。その代わり、メインは別に用意しなければならないのですが、ここは手抜きしておかずを買ったりしてます。

それとは別に、手のかからない副菜(豆腐だったり、お浸しだったり)を用意してます。この鍋を味噌汁として食べるというブレークスルー(だと思ってる)によって、おかずを1品減らすことができてます。

つまり、我が家の夕食はこんな感じです。

1.ごはん(来年は玄米にチャレンジしたい)
2.メイン
3.副菜(豆腐とか、お浸しとか簡単なもの)
4.味噌汁代わりの鍋

インスタ映えすることはなく、見た目は質素になりますが鍋に具材がたくさんあることで満足度はかなりあります。

なので、3〜4日に1回、違う味付けで鍋を作ると週に2回の調理時間で済みます。しかも、野菜を切って煮るだけなので簡単です。

まとめ

できるだけ料理をストックに近づける研究は今後もやっていきたいと思います。簡単にできてストックになるものがあれば教えてください。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,