人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

起業したい人向けシリーズ


-,

独立に向いている人の特徴とは?「”商才のある若手”を見抜く10のポイント」より

投稿日:


今日は起業したい人向けシリーズということで(右側のカテゴリーの話です)、いつか起業したいと思っている人に向けた、独立に向いている人、独立しがちな人について書きたいと思います。

“商才のある若手”を見抜く10のポイント

元ネタとしてはプレジデントオンラインの“商才のある若手”を見抜く10のポイントというのを読んで、そういえば過去に先輩と独立しがちな人には4つの要素があるよねーと話していたのを思い出しました。

まずは“商才のある若手”を見抜く10のポイントについて。

“商才のある若手”を見抜く10のポイント – 「頭のよさ」で判断してはいけない

この記事では、採用を行う際に、頭がいいことと、商才があることは違うとして、商才のある人を採用するための10個のポイントを上げています。

その10個とは以下の要素です。

1、親が商売やビジネスをしていて、親が働く姿を子供時代から見ており、腰を低くして人に頭を下げることを当り前に生きてきた。

2、子供から学生までの間に、何かしら収益を上げる楽しさや面白さを実体験している。

3、可愛げがあり、年上の人から可愛がられる。

4、学んだことは、すぐに実践する

5、観察力に長けており、人の気持ちを察することができる

6、よく気がつき、会話力があるので、飲食店などですぐに顔を覚えられる

7、メールや手紙の文章表現をなおざりにしない

8、まめに連絡を取り、お土産を持参するなど、関係を強化することをいとわない

9、自分は運がよいと、自身で信じている

10、約束を守り、義理堅い

http://president.jp/articles/-/23923?page=3

僕が自分で満たしていると思うのは1,2,4の3つぐらいですね。みなさんはどうですか?

ちなみに、僕がこれを読んで思ったのは、この10個のポイントはスモールビジネスを営むには確かに重要な気がするけど、いわゆるイノベーションを起こすようなビジネスをやる人には果たして当てはまるだろうか?ということです。

独立しがちな人の4つの要素

ここからは、僕と、とある会社の社長さんで話していた時に、独立しがちな人の4つの要素についてです。上記の10個のポイントと少し被る部分もありそうです。

1.親が自営業である

2.留学経験がある

3.死に近づいたことがある(自分または、近しい人)

4.退職金がない会社に入社する

この4つが当時、僕と先輩が話していた独立しがちな人の4つの要素です。4つ目はちょっとその兆候見えてますが。。。
ちなみに僕は1,3,4が当てはまり、うちの会社の取締役は1,2,4が当てはまるのかな(3は聞いたこと無いな)と思います。

もちろん、これが無いとダメとかそういうのじゃなくて、こういう人が独立しがち、ってことです。みなさんはどうでしょうか? また、自分の周りの独立している人は当てはまりますか?

ちなみに、過去記事ですが、特にアイデアはないけどいつか独立を考えている人はこちらの記事をご覧ください。

22歳から30歳ぐらいまでで起業を考えている人に贈る10の準備



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-起業したい人向けシリーズ
-,