人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

その他(適当に考えたこと)


-,

宝くじの楽しい買い方

投稿日:


年末ということで恒例の年末ジャンボ宝くじが販売されてますね。今年の1等はなんと7億円!(前後賞含め10億円!!)

年末ジャンボ宝くじの公式サイト

また、年末ジャンボミニという1等の当選金額が7,000万円のものもありますし、今年は新たに年末ジャンボプチという1等が700万円のくじも発売されたようです。

宝くじ買う派ですか?買わない派ですか?

そもそも、宝くじ買う派ですか?買わない派ですか?僕は買う派なのですが、このブログを読んでいる方には買わない派の方が多いのかな?と思っています。

買わない派の方の理由としては期待値が低いからというのが主な理由かなと思います。

宝くじは買った瞬間に価値が半分になる

ということですよね。こちらのブログでも紹介されていますが、上記の3つの種類の(ミニとかプチとか)宝くじ全て、回収率が50%に設定されているようです。

年末ジャンボ宝くじの期待値をおさらい!やっぱり当たる気がしない。

つまり、1枚300円の宝くじは、理論上、買った瞬間に価値が150円になってしまうということですね。150円を捨てて歩いているのと一緒です。

宝くじの楽しい買い方

でも、それはあくまで平均の話で、7億当たった人にとってはそんな話しどうでもいいわけですw いや、俺当たったし、みたいな。
経済合理性を重視して生きていると宝くじなんて買うのはアホなわけですが、人生は経済合理性だけで考えられません

個人的には人生には楽しみが必要で、それは時に経済合理性や体調のことなど気にしないことになるわけですが、破滅を招くほどでなければ経済合理性を無視して楽しく生きていくことも大事だと思っています。

ということで、宝くじを買う場合の楽しみ方を2つ紹介したいと思います。

1.1枚だけ買う

1つめはちょっと貧乏くさいですが、1枚だけ買う方法です。宝くじを買う場合の一番合理的な買い方は1枚だけ買って、期待値的に損失を最小限に押さえて、7億円当たる確率は少しだけ残してある状態だと思います。

1枚だけなら損失は300円で済むし、当たったらやばいことになりますw 合理的な人は300円で1枚だけ買いましょう。

2.ジャンボ宝くじの度に、120枚程度買う

2つめは合理性を無視して楽しみ重視の方法です。ジャンボ宝くじというのは1年で3回程度発売されているようです。

ドリームジャンボは5月~
サマージャンボは7月~
年末ジャンボは11月~

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1077152350

それぞれのジャンボ宝くじで120枚ずつ(3万6000円)、購入すると、年間で360枚買うことになります。これを1日1枚ずつ当選確認して行く方法です。

今日は当たってるかな〜毎日ちょっとした楽しみを得ることができます。そんなん面倒くさい!!という人もいるかと思いますが、実際に365枚の宝くじを購入して毎日1枚ずつ確認しているという方がテレビに映っていて、あ、その方法面白いな!と思いました。

まとめ

宝くじ買ってますか?今までどうせ当たらないから買わない経済合理性的に買わないという方も多いと思いますが、当たったらどうしよう!と考える時間が意外と楽しめますこの楽しい時間を買っているようなものですねw

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-その他(適当に考えたこと)
-,