人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事のチートシリーズ


-, ,

フリーランスは時給1万円を目指せ!

投稿日:


会社を辞めてもう7年ぐらいになりますが、フリーランスとして生きていくには時給1万円というのがひとつポイントになるかなと思います。

仮に月収40万円のサラリーマンの場合、1日8時間、週40時間の労働時間だとすると、月間160時間ぐらいだと思います。ちょっと面倒なので残業入れて200時間だとしたら、時給2,000円になります。よく、時給換算したら大学時代のバイト代より安いよ−という話をしたりしますが、前職時代はそんな感じだったかもしれません。

そんな感じで会社をやめてフリーランスになると、これまでの感覚で、時給3,000円ぐらいで仕事を受けてしまいがちですが、そうなるとけっこう大変です。なぜなら、フリーランスは会社員と違って、毎日8時間、週5日の仕事があるわけじゃないからです。

なんなら1日に4時間、週に3日しか仕事がない場合があるので、それを考えると、単純に5〜6倍の時給をもらわないと会社員時代と同じ所得になりません

ということで、ざっくり時給1万円をもらわないとフリーランスは結構大変です。こうやって書くと、時給1万円もらえるだけのスキルなんてないよ、と思われるかもしれませんが、フリーランスになろうなんて思っている人は、それぐらいのスキルを持っていると思います。あとは値付けの問題だけです。

とはいえ、勇気が出ない人はこんな感じでやっていくといいでしょう。

1.時給3000円で食べていけるだけの仕事を受ける
2.食べていけるようになって仕事の発注が来たら時給5000円で提案してみる
3.2の仕事が取れたら1の仕事を1つやめる
4.あとは徐々に時給を上げていく

時給が上がると、当たり前ですが、1時間で稼げる金額が上がるので、働く時間が少なくて済みます。残った時間を自己研鑽に当てればさらに時給の高い仕事につけるかもしれません。というサイクルがうまく回るといいですよね。

僕らがやっている研修という仕事は時給が10万円を超えることがありますが、それこそ残った時間で新しいことを学んで、自分の研修ネタを仕入れておくことが大事になります。

まとめ

ということで、今、すでにフリーランスで、時給1万円以下の人は時給1万円を目指しましょう。現在、会社員の人は副業で時給1万円稼げるようにしてみましょう。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事のチートシリーズ
-, ,