人生チートマニュアル

人生には攻略法があると信じている零細企業の社長のブログ

仕事の効率化シリーズ


-, ,

もし、勤務時間が2時間だったら。パーキンソンの法則より

投稿日:


みなさんの労働時間ってだいたい何時間ぐらいですか?

定時で考えると8時間ぐらい、実際には残業いれて朝9時〜夜9時ぐらいの12時間(昼休み込み)ぐらいでしょうか。これでも仕事終わらないぐらいたくさんやることがあるって感じだと思います。(という人が僕の周りには多い)

さて、その労働時間、今日から1日2時間に制限されるとしたらどうしますか?12時間じゃなくて、2時間です。朝9時からお昼前の11時までです。めちゃくちゃ嬉しい気分になった人もいると思いますし、そんなんじゃ仕事終わらねーよ!と不機嫌になった人もいるかもしれません。

でも、今日はそんな、勤務時間に制限時間を付けてみる話です。

パーキンソンの法則とは

パーキンソンの法則ってご存知ですか?最近のライフハック系の書籍には結構載ってるんですが、当然僕が敬愛する週4時間だけ働くにも掲載されています。

パーキンソンの法則を一言で言うとこうです。

制限しないと、どこまでも増えちゃうよ

ちゃんと書くとこんな感じです。

第1法則
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則
支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

ウィキペディアより

第1法則の「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」は、期限が1週間後の仕事は結局その前の日にやることになるよねってことです。(今日中にやってって言われたら意外となんとかやっちゃうよねってことです)

第2法則の「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」は月収が5万増えたからといって毎月の貯金額が5万円増になることってないよねってことです。(ちょっと何かに使っちゃうよねってことです)

制限しないと、どこまでも増えちゃうよ

まさにこういうことです。

勤務時間が2時間だったら?

ということで、パーキンソンの法則を使って、だったら制限したら良いんじゃない?ということになります。なんとなく12時間働くつもりだから12時間掛かるんです、という強引なこじつけです。

だから勤務時間は2時間としてみる。こういう時は多少ぶっ飛んだ感じで考えたほうがいいんです。午前中だけって考えても良いです。

もし、今日、2時間しか仕事できないとすると、どのタスクをやりますか?

そう考えると、やるべきことがシンプルに見えてくるのではないでしょうか?もちろん、実際には会議なんかが入って2時間じゃ終わらないとは思うんですが、こう考えるだけでかなりシンプルに考えることができます。

個人的にはタスクの数を制限するより時間を制限した方が効果的だと思っています。(なんとなくだけど)

みなさんもパーキンソンの法則を使って、今から残り、2時間しか仕事できないと思って何をやるべきか考えてみて下さい。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

-仕事の効率化シリーズ
-, ,